ビデオからDVDへ

ビデオからDVDへコピーして、保存状態を良くして整理整頓をしたい。 - デジタルビデオ編集機を使ってみましょう

デジタルビデオ編集機を使ってみましょう

ビデオテープからDVDなどに動画をコピーする場合に、テープが古くて画像が劣化していることがあります。
そのような時、画像の補正をしてくれるのがデジタルビデオ編集機です。

デジタルビデオ編集機を利用できるケース

デジタルビデオ編集機はDVDのプレイヤーとレコーダをケーブルでつないでコピーするときに利用することができます。
画像信号の補正装置なので、パソコンを利用したコピーでは使用できません。

デジタルビデオ編集機を購入したら

取扱説明書を良く読んで、機器の初期設定を行います。
初期設定では、旧式の狭い画面の画像もワイドに変換してくれたり、様々な便利な機能があります。

デジタルビデオ編集機の接続方法

DVDプレイヤーまたはビデオのプレイヤーのアナログ出力ケーブルの画像ケーブルをデジタルビデオ編集機の入力端子に接続します。
そして、処理後の画像を記録しますので、デジタルビデオ編集機の出力端子とDVDレコーダーの画像入力端子をケーブルで接続します。

電源を入れると、きれいな画像がコピーできます

デジタルビデオ編集機の電源を入れて、スイッチを入れると、劣化していた画像が補正されて、きれいな画像で保存できます。

プロテクトを外したコピーは違法です

thytyt
 デジタルビデオ編集機を使うと画像データに付随しているプロテクト信号も除去されるために、プロテクトを外すことができるという案内もあります。
 ですが、プロテクトを解除してコピーをする行為は技術的保護手段の回避に該当する可能性があり、営業上の利益侵害で損害賠償の対象となる場合があります。

古くなったビデオテープなどをDVDにコピーする場合には使ってみましょう

DVDコピーでケーブルを利用すると画像が劣化することが良く起こります。
録画のテストをした段階で、画像が劣化して見づらい時には、デジタルビデオ編集機を使うことを考えましょう。
デジタルビデオ編集機も性能に応じて、様々な価格のものがありますので、インターネットで説明書などをしっかりと確認してから購入すべきです。
DVDレコーダーを活用してDVDコピーをする場合に、ハードディスクを利用してDVD100枚分くらいの動画を保存、管理することが考えられます。
ハードディスクを利用する場合の長所と注意点を紹介します。

ハードディスクはかさばりません

DVDが100枚ともなるとDVDケースに入れて保管するとしても、広い場所を必要とします。
ハードディスクに保存するとコンパクトなサイズで一遍に保管することができます。

DVDを差し替える手間がかかりません

DVDの数枚に渡って動画を保存している場合、動画を全部見ようとするとDVDを途中で入れ替えるという操作をしないといけなくなります。
ハードディスクを利用すると、面倒なDVDの入れ替えという操作をすることなく、連続的に見ることができます。

持ち運びが簡単です

ハードディスクのサイズがコンパクトになる中、100枚分のDVDの動画を持ち運ぶ場合にも、簡単にできるようになります。

必ずバックアップを作っておきましょう

ハードディスクに100枚分のDVDの動画を保管する場合、故障したり動作不良などを起こすと100枚分の動画が一遍に見れなくなることもあります。
ハードディスクも電子機器ですので、故障が全くないわけでもなく、使っていると壊れることもあります。
100枚分の動画を失うというのは大きな損失です。
そのような損失の対策として、ハードディスクを2台購入しておいて、2重に管理しておくことが賢明です。

ハードディスクは衝撃に弱い

ハードディスクはコンパクトになり、持ち運びも簡単になりますが、衝撃に弱いという弱点があります。
ハードディスクを道端に落としてしまったりすると落下の衝撃で壊れることがあります。

ハードディスクに大量の動画を保管する場合は、バックアップをしっかりとしましょう

このようにかさばることのないハードディスクに大量の動画を保管すると、省スペースにもなります。
ですが、万が一に備えて、予備のハードディスクを購入しておいて、バックアップを万全にしておくのが利用上の注意点です。
持ち運びするときには、衝撃が伝わらないように、衝撃を弱めるクッションの効いた入れ物に入れることが必要です。

Copyright(C)2015 ビデオからDVDへ All Rights Reserved.